ホーム > 猫と腎臓のはなし

気づいてますか?猫ちゃんの小さな変化に

お客様の声

商品ラインナップ

  • H4Oペットウォーター
  • H4O-600mv

お見逃しなく!当サイトのお得な特典!

いつでのどこでもネットがつながればOK

ネットでのご注文 お問い合わせはこちら

年中無休/無人

携帯・PHS・公衆電話からもOK

お電話でのご注文・お問い合わせ

病院案内

遠藤犬猫病院

〒329-2704
栃木県那須塩原市新南40-23
TEL:0120-995-150
FAX:0120-840-035
E-mail:info2h4o.jp

院長:遠藤 薫
(日本小動物外科専門医)

猫と腎臓のはなし

腎臓のイラスト

「腎臓」って知ってますか?

ネコも人間も、体のなかに左右合わせて2個持っています。

血液から汚れを取り除く、とても大切な役割があります。

歳をとるにつれて、多くのネコは腎臓の機能が徐々に低下していきます。

特に7歳齢以上になった中高齢のネコによくみられます。

壊れていくネフロン
※ネフロン:腎臓のなかで血液をろ過、濃縮しておしっこの元をつくる部分

腎臓が病気になると、

こんなふうになってしまいます。

病気の腎臓
腎臓は血液の汚れをおしっこに出せなくなりますが、
それでも汚れを出そうと無理をして、
水のような色の薄いおしっこをたくさん出すようになります。

参考:International Renal Interest Society.IRIS Staging Posters Cal.2013

ページ先頭へ